ポジローぽけっと

昨日より今日、今日より明日を信じて、トライトライ

タイピングで手首が痛くなったら

手首の角度がまっすぐなる様に工夫にするをすると良いかも

きっかけはキーボード物色中に見つけた以下の動画内の
robot keyboardと題された絵だった

youtu.be

いかにも自分の手首が痛い理由のように思えた

かといってkinesysをいきなり買う勇気はないので、
安価に試せる方法がないかを調べ、

33tree.com

これならできるので手持ちのhhkbを二台並べることにした

ほぼ下記サイトの状態と同じ

http://shiology.com/shiology/2010/02/1916-100205-61f.html

手首の痛みは1週間強で痛みが軽減した

音声入力に興味を持ったら

google の音声入力を使ってみるといいかも

アマグラマーからプログラマーに転校して3ヶ月で手の疲れが強くなり
家での作業に支障をきたすようになったので音声入力を調査してました

Mac の音声入力、Windows の音声入力を試しましたが、
google の音声入力が一番使いやすいです

事前学習が必要なくすぐに使い始めることができ、驚きの認識率です

この記事は google の音声入力を音声入力をで草稿を書き、
それを手で修正しました

使い方

google ドキュメントを開きツール 音声入力をクリック、マイクのマークが表示され赤色になれば使用することができる

欠点

  • google ドキュメント上からしか使えないため、ブログへ移す際はコピペをする必要があること
  • 改行・句読点等の音声入力が日本語は対応されておらず、手で打つ必要があること

参考

書き終わって調べたら、以下がわかりやすい

pasokatu.com

debianのnginxでpukiwikiを動かしたくなったら

php5-fpmをインストールして、pukiwikiを設置する。

php5-fpmのインストールと設定変更

以下でインストールして、

sudo apt install php5-fpm

以下ファイルの

sudo vi /etc/php5/fpm/pool.d/www.conf

listen.owner, listen.groupをnginxに変更する
unix domain sokectにnginx(/etc/nginx/nginx.confのuser)がrwできるようにするため
※user, groupはついでに変更

;user = www-data
;group = www-data
user = nginx
group = nginx
中略
;listen.owner = www-data
;listen.group = www-data
listen.owner = nginx
listen.group = nginx

変更したらリスタート

sudo service php5-fpm restart

設定が反映されているか確認

ls -l /var/run/php5-fpm.sock
srw-rw---- 1 nginx nginx 0 Aug 15 21:14 /var/run/php5-fpm.sock

pukiwikiの設置

例えば以下にsftpでuploadし、

/usr/share/nginx/pukiwiki

ディレクトリの権限を以下に従い修正する

PukiWiki/Install/インストール方法 - PukiWiki-official

nginxの設定

/etc/nginx/conf.d/pukiwiki.confを作成する

server {
  listen [ip]:[port];
  server_name [servername];
  root /usr/share/nginx/pukiwiki;
  location ~ (^/$)|(^/index\.php$)|(^/skin/.+\.php$) {
    # With php5-fpm:
    fastcgi_pass unix:/var/run/php5-fpm.sock;
    fastcgi_index index.php;
    include fastcgi_params;
    fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
  location ~ ^/(skin|image)/ {
  }
  location / {
    return 404;
  }
}

作成したらリスタート

sudo service nginx restart

以上でhttp://[ip]:[port]/にアクセスすればpukiwikiが使える

参考