ポジローぽけっと

昨日より今日、今日より明日を信じて、トライトライ

windowsアプリのclickonce機能がなぜ流行ってないのか

なぜ流行ってないのか

議論されてる

Re[4]: ClickOnceがいまいちはやらない理由について

ClickOnceWindowsインストーラの比較表

  • デメリット:ドライバがインストールできない、インストール場所が不定
  • メリット:ロールバックできる、強制更新させられる

ClickOnce の配置の概要

ClickOnceWindows インストーラの使い分け

ClickOnce と Windows インストーラの使い分け

ClickOnceの真実

Insider.NET > ClickOnceの真実 - @IT

bashで単語カード

bash login時にランダムに文字列を表示する「bashで単語カード」

覚えたいけど忘れるコマンド、自分を鼓舞する文字列等を表示する

使い方

.bashrcに以下を記載して、words.txtを用意する

words_text="words.txt"
words_num=`grep -c '' $words_text`
line=$((RANDOM % $words_num + 1))
echo "### today's word"
sed -n "$line"p $words_text

参考

grep -cで行数を数える時の罠

vimをちゃんと使いこなしたくなったら

基本機能を習得する

習得したものをチェックしていく

  • TIP001:ok
    • ドットコマンド 挿入モードに入った瞬間からノーマルモードに戻る前までのキーストロークを繰り返す
  • TIP002:0k
    • C, s, I, A, o, O、挿入で楽するキーコマンド
  • TIP003:
  • TIP004:
  • TIP005:
  • TIP006:
  • TIP007:
  • TIP008:ok
    • uはアンドゥ、<C-r>はリドゥ
  • TIP009
  • TIP010:
  • TIP011:
  • TIP012:
  • TIP013:ok
    • <C-h>で挿入モード中に直前一文字消去
    • <C-w>で挿入モード中に直前一単語消去
    • <C-u>で挿入モード中に行頭まで消去
  • TIP014:ok
    • <C-[>でノーマルモードに戻る、より指が楽
    • <C-o>で挿入ノーマルモード、execute one command, return to Insert mode
  • TIP015:
  • TIP016:
  • TIP017:
  • TIP018:
  • TIP019:
  • TIP020:
  • TIP021:
  • TIP022:ok
    • ビジュアルモード
  • TIP023:
  • TIP024:ok
    • ビジュアルモードで矩形選択してr
  • TIP025:ok
    • ビジュアルモードで矩形選択してc
  • TIP026:ok
    • ビジュアルモードで矩形選択してA
  • TIP027:
  • TIP028:
  • TIP029:ok
    • :[range]t{address}でcopy, :[range]m{address}でmove
  • TIP030:
  • TIP031:ok
    • @:、直前のExコマンドを繰り返す
  • TIP032:ok
    • コマンドラインモードで<C-d>、補完候補一覧表示
    • set wildmenu, set wildmode=full、補完強化
  • TIP033:
  • TIP034:ok、コマンドラインウィンドウが便利、新発見!
  • TIP035:
  • TIP036:
  • TIP037:
  • TIP038:
  • TIP039:
  • TIP040:
  • TIP041:
  • TIP042:
  • TIP043:
  • TIP044:
  • TIP045:
  • TIP046:
  • TIP047:ok
    • j,kは論理行で上下、gj,gkは表示行で上下移動
  • TIP048:
  • TIP049:
  • TIP050:
  • TIP051:
  • TIP052:
  • TIP053:
  • TIP054:ok
    • %でペアとなるカッコへジャンプ
      ジャンプ先のカッコを書き換えても``で元のカッコへ戻れる
    • runtime macros/matchit.vimはHTMLのタグとかif,fiでジャンプできる 必須!
  • TIP055:
  • TIP056:
  • TIP057:
  • TIP058:
  • TIP059:
  • TIP060:
  • TIP061:
  • TIP062:
  • TIP063:
  • TIP064:ok
    • q{register}->記録->q、マクロ記録
    • @{register}、マクロ実行
  • TIP065:
  • TIP066:
  • TIP067:
  • TIP068:
  • TIP069:
  • TIP070:
  • TIP071:
  • TIP072:ok
    • ignorecaseとsmartcase
  • TIP073:ok
    • very magicは使ってるけど、正規表現は使いこなしてない
  • TIP074:
  • TIP075:
  • TIP076:ok
    • /\vでtheのみをマッチ、there, theseはマッチしない
    • *はカーソル位置にある単語の前方検索、#は後方検索
  • TIP077:
  • TIP078:
  • TIP079:ok
    • /で検索、wrapscanは言葉のママ、nで次のマッチへ、Nで前のマッチへ
  • TIP080:ok
    • マッチを強調、hlsearchは解除のために、nnoremap :nohlsearch
  • TIP081:
  • TIP082:ok
    • %s///gnで直前に検索したパターンにマッチする数を数える
    • /:okして、実行すると121中何個習得できたか分かる、先は長いorz
  • TIP083:
  • TIP084:
  • TIP085:
  • TIP086:
  • TIP087:ok
    • :{range}s/{pattern}/{string}/{flag} rangeは指定なしならカーソル行、%ならバッファ全体を対象とする flagはgで行内全てを一括、cなら確認して、gcは両方同時に行う
  • TIP088:ok
    • TIP087に含む。
  • TIP089:ok
    • TIP087に含む。
  • TIP090:
  • TIP091:
  • TIP092:
  • TIP093:
  • TIP094:
  • TIP095:
  • TIP096:
  • TIP097:
  • TIP098:
  • TIP099:
  • TIP100:
  • TIP101:
  • TIP102:
  • TIP103:
  • TIP104:
  • TIP105:
  • TIP106:
  • TIP107:
  • TIP108:
  • TIP109:
  • TIP110:
  • TIP111:
  • TIP112:
  • TIP113:
  • TIP114:
  • TIP115:
  • TIP116:
  • TIP117:
  • TIP118:
  • TIP119:
  • TIP120:
  • TIP121: