読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジローぽけっと

昨日より今日、今日より明日を信じて、トライトライ

centos 6.0 サーバー たててみる 第2回「VMWARE SERVER install 編」

  • CentOS6.0の初期設定 続き

SELinuxの停止。
ファイアウォールの停止。reboot

  • VMWARE Serverのインストール

ダウンロードしたファイルのサーバーへのアップロードはsftpのputで行い、rpm -ivh filenameでインストール。これがこけるこけるw。
以下、パッチを当てていった流れ(パッチor修正点を見つけたサイトを番号にリンクした)
1:compat_wait.hの競合でこけるのを解消
2:これでvmmon,vmciは入る
3:vmnetにたいして1つ目。ただし、抜けがあったので一行修正した↓。

 *----------------------------------------------------------------------
 */
#if LINUX_VERSION_CODE >= KERNEL_VERSION(2,6,31)
static const struct net_device_ops vm_netdev_ops = {
   .ndo_init    = VNetNetifProbe,
   .ndo_open    = VNetNetifOpen,
   .ndo_start_xmit = VNetNetifStartXmit,
   .ndo_stop    = VNetNetifClose,
   .ndo_get_stats   = VNetNetifGetStats,
   .ndo_set_mac_address    = VNetNetifSetMAC,
   .ndo_set_multicast_list = VNetNetifSetMulticast
};
#endif
static void
VNetNetIfSetup(struct net_device *dev)  // IN:
{
   ether_setup(dev); // turns on IFF_BROADCAST, IFF_MULTICAST
   #if LINUX_VERSION_CODE >= KERNEL_VERSION(2,6,31)
      dev->netdev_ops = &vm_netdev_ops;
   #else
      dev->init = VNetNetifProbe;
      dev->open = VNetNetifOpen;
      dev->hard_start_xmit = VNetNetifStartXmit;
      dev->stop = VNetNetifClose;//この行が抜けてた
      dev->get_stats = VNetNetifGetStats;
      dev->set_mac_address = VNetNetifSetMAC;
      dev->set_multicast_list = VNetNetifSetMulticast;
   #endif
#ifdef KERNEL_2_3_43
   /*
    * We cannot stuck... If someone will report problems under
    * low memory conditions or some such, we should enable it.
    */
#if 0
   dev->tx_timeout = VNetNetifTxTimeout;
   dev->watchdog_timeo = TX_TIMEOUT;
#endif
#endif
}

4:vmnetに対して2つ目のPatch。

Finally I installed this in my centos6.0 . yeah!!

うーん、ログインできない。とりあえずここまで。

110801追記 ログインについて
/usr/bin/vmware-config.plで下記のように設定しなおしたらログイン画面は出た。しかし、パスワードが分からない。設定するとこなんてなかったぞorz
110803追記
本質は違ったようだ。結局再インストールしたらcentosのrootでも入れた(passwordはcentosのrootのもの)。ただし、IE8から。Firefoxからだとこける。理由は調査中。
safariでも入れた。firefox3.6以降、vmware serverと相性が悪いという記述がネットに沢山あった。設定にはfirefoxは諦め、safariを使おう。

vmware server編終わり。