読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジローぽけっと

昨日より今日、今日より明日を信じて、トライトライ

centos 6.0 サーバーたててみる 第4回後編-1「OpenSSH の導入」

rpmbuild中に

checking for libwrap... configure: error: *** libwrap missing

でビルドエラー、調べると解決策があるので、

yum install tcp_wrappers-devel

で解決。

  • zlibのバージョンチェック
%configure \
--without-zlib-version-check \ ← 追加(zlibのバージョンチェック無効化)
--sysconfdir=%{_sysconfdir}/ssh \

はcentos5.5以降必要ない、らしい

  • "Warning*"

再びrpmbuildを実行すると、次はDOCをコピーするshが走る際に"Warning*'がないと怒られた。これは単純にコピー元のファイルが無いだけだったので、前のversionからコピーしてきていれて対処した。めんどくさければWarning.txtとか適当に名前をつけた空ファイルを用意してやればよい。
そして設定をしておしまい。

chrootについては必要になったら対応することにした。

追記:"Warning*"
上記作業ではrpmbuild前にopenssh.specを書き換えていた。
Warning*のバグもその際に予め

%doc CREDITS ChangeLog INSTALL LICENCE OVERVIEW README* PROTOCOL* TODO WARNING*

部分のWARNING*を消しておけばよい。ことを後から知った。