読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジローぽけっと

昨日より今日、今日より明日を信じて、トライトライ

PyQt4使うためにSIPをインストールしてみた

 PyQt4使うためにSIPをインストールしてみた

経緯

以前使おうと思ってあきらめた mkdpreview-vimを使いたいがためにPyQt4をインストールしたい!!

だけど、PyQt4をmacで使えるようにするには SIP が必要なようです。。

さてダウンロードはできたものの、このSIPどうしたものか?

調査開始

展開したフォルダのREADMEを読むと

 The SIP documentation (including installation instructions) can be found in the$   5 doc directory.$

はい、 doc 読みますです。にゃる、

  1. configure.pyの実行
  2. make
  3. make install

すればよいようだ。

実施

実行するだけでした。

好奇心NOTE

makeって何してるんだろう?使ってるけどよく知らない。

Makefileの内容は以下

all:

@(cd sipgen; $(MAKE))

@(cd siplib; $(MAKE))

install:

@(cd sipgen; $(MAKE) install)

@(cd siplib; $(MAKE) install)

@test -d $(DESTDIR)/Library/Python/2.7/site-packages || mkdir -p $(DESTDIR)/Library/Python/2.7/site-packages

  cp -f sipconfig.py $(DESTDIR)/Library/Python/2.7/site-packages/sipconfig.py                                                                                     

  cp -f /Users/pojiro/Downloads/sip-4.14.5/sipdistutils.py $(DESTDIR)/Library/Python/2.7/site-packages/sipdistutils.py

clean:

@(cd sipgen; $(MAKE) clean)

@(cd siplib; $(MAKE) clean)

  • 移動して、その先でmakeコマンドの実行($(MAKE)はマクロ定義)
  • 移動先のmakeはコンパイルしてた。
  • DESTDIRもマクロ定義、make実行時に以下のように使う。(GNU準拠でうんたらかんたら)

make DESTDIR=./test/ install

とりあえずインストールできたので、ここまでにしておく。

PyQt4のmake全然終わんないんだけどー!!!寝よっzzz